2019 / 10 / 08  16:39

雪虫がいっぱい~もうすぐ冬到来で寒さ対策!

うなぎ 焼き 画像.JPG

小樽は雪虫が大量に飛び交い、冬の到来を告げてくれています。

 

季節の変わり目には体調を崩すことが多いですよね

 

特に女性は寒くなると着込んで寒さ対策ですよね!

 

寒さ対策

 

 

寒くなると、おのずと寒いから着こみますよね


着こむ事はいい事ですが、

 

女性の方は得に結構着込んでいますよね


これだけ着込んだら、逆に熱いんじゃないかと

 

思うくらいなのに、着込んでいるにも関わらず

 

なんか「寒い」と感じているのはなぜなんなんでしょう!

 

 

 

体が温まらないのは~

 

1.体の中で熱(体温)を作り出せていないのでは?

 

2.体の中で作った体温(熱)を、なにかに取られているのではないか?

 

 

 

「寒い」としっかりと服を着込めば、暖かいはずだと

 

と思いますが、それでも「体が冷えやすい」「寒い」と

 

感じるのはなぜなんでしょう?

 

 

冷え性の原因は色々あるようなので

 

冷え性の原因を調べて見ました。

 

 

 

体以外にも、直接外気と触れ合う器官がありました~

 

 

調べてみると、熱を奪う原因には「消化器官」に

 

あるようです、そう口です!

 

 

口から外の空気を吸って、喉を通って

 

各消化器官を通って肛門までつながっています

 

つまり消化器官は「外の空気」と

 

繋がっているという事です。

 

 

寒気が口をとおり体の内側から冷やしています。

 

 

・しっかり着込んで暖めても

 

・お風呂に浸かって暖めても

 

・運動をして代謝を高めても

 

 

消化器官つまり胃腸の調子を整える事が

 

体温UPにまずは必要なのです

 

 

 

胃腸を整える

 

冷え性の改善には、胃腸を元気にしなければ、

 

根本的に抜け出せません!

 

 

胃腸の調子を整えるポイント

 

1.よく噛んで食べる

 

よく噛んで消化を助ける、噛むことで満腹感UP。

 

2.決まった時間に食事する

 

一定の時間に食事することで体内のリズムが整いやすく

 

胃腸の調子が整いやすくなります、もちろん暴飲暴食はNG。

 

3.胃腸にやさしい食材や料理を食べる

 

キャベツ、セロリ、レタスは胃もたれに良く

 

きのこやサツマイモの食物繊維でスムーズな便通に

 

だいこん、たまねぎ、魚の白身や豆腐、納豆、

 

牛乳やヨーグルト、りんご、バ ナナなどが

 

胃腸にやさしいく消化の良い食材です。

 

 

 

 

 

秋といえば、 秋刀魚や秋茄子、きのこや栗、さつまいもなど、

 

楽しみがいっぱいの季節ですが、食べ過ぎにに気つけて

 

日頃より胃腸にやさしい食生活で寒さを吹き飛ばして下さい。